トップ >  法人と事業者を支援するサイト>      こうすれば著作権が財産になる    サイトマップ


                     こうすれば著作権が財産になる
                  利用許諾契約書、著作権譲渡契約書、出版権設定契約書


  知的財産権って何?  いつ権利は発生するの?

    知的財産権とは、知的な創作活動によって何かを創り出した人に付与される他人に無断で
  利用されない権利をいいます。 

 

  具体的な知的財産権(知的所有権、無体財産権ともいいます)には、次のものがあります。


1
産業財産権  → 以下の4つの産業の発達に貢献する知的財産権を特に産業財産権といいます。 
                               ↓
    特許庁に登録申請をして審査にパスし登録された時 権利が発生します。


                          <登録の要件 >
  特許権

    自然法則を利用した技術的思想の創作(アイデア)のうち高度のもので、産業上利用でき、新規性があり、
    進歩性がある発明を保護。                    (出願の日から20年)


  実用新案権

     物品の形状・構造・組合わせに関する考案(アイデア)で、特許権に至らない軽度な技術を保護。
 
                                         (出願の日から10年)

  
  意匠権(デザイン権) 

     意匠とは物品のデザインのことで、物品の形状・模様・色彩またはこれらの結合であって視覚を通じて
     美感を起させるもので、かつ公序良俗に反せず、他人の業務に係わる物品と混同を生ずる恐れがない
     もの。                                 (登録の日から20年)


  商標権(商品マーク権、ブランド権、サービスマーク権)

     ある商品やサービスの製造者や販売者を消費者に明確に識別させる目的で使用している文字・図形・記号
     やその組合せ(マーク等の営業標識)を保護。 
     同じ商標又は類似した商標を登録出来ないのは、同じ商品分野又は類似した商品分野に限られる。
                                         (登録の日から10年、更新可能)


   ※  特許権はアイデアを保護し、著作権は表現を保護するものです。



2
著作権


    思想又は感情を創作的に表現した時 → 自動的に著作権が発生します。

     創作の時から著作者の死後50年
    (ただし無名・変名・団体名義の著作物については公表後50年、映画は公表後70年)
)


                           ↓
     登録や公表は、権利発生の要件ではありません(無方式主義)。

  
     また、翻訳や編曲などの二次的著作物にも → 著作権が発生します。

     実演者や放送局、レコード製作者などいわゆる伝達者にも  →著作隣接権という著作権が発生します。


    

3
その他

 ・不正競争防止法により保護されている権利

    → 不正競争防止法では、不正競争行為を定めて特許権や商標権などでカバーし切れない権利(営業秘密
      や商品の表示等の保護)を保護しています。

   <不正競争行為は次の8つです> 

       ・周知表示混同惹起行為

       ・著名表示冒用行為

       ・商品形態模倣行為 

       ・営業秘密に係わる不正行為(不正な手段で取得)

       ・技術的制限手段を解除する行為 

       ・ドメイン名の取得行為等
         (不正の利益を得たり、他人に損害を与える目的で取得又は使用)

       ・原産地等誤認惹起行為・競争者営業誹謗行為 

       ・代理人等商標無断使用行為
   
  


 ・回路配置利用権・・・半導体の配置回路を保護(半導体集積回路の回路配置に関する法律保護)、      
               登録の日から10年


 ・育成者権・・・・植物の新品種の保護(種苗法)、登録の日から25年(樹木は30年)


                         ご相談のメールは  



                       行政書士田中 明事務所 
                            電話・FAX 046-843-6976