<当事務所での最近の解決事例>

    取引経過の開示   最初の債務額    再計算後の残元本      結果
A社     〇        63万円       20万円     本人が交渉して20万円で
                                       一括清算和解
B社     〇       100万円       39万円      39万円の一括清算で和解
C社     〇        70万円        5万円       5万円の一括清算で和解
  
    債務総額合計 233万円を → 64万円の一括清算で解決したのです。


 <コメント>
  ※ なお、B社とC社については、本人の交渉では進展がなかったので司法書士に
    交渉のみを依頼
致しました。  掛かった司法書士報酬は、1社4万円でした。
  ※ 結局、本件解決に要した費用は、当事務所の内容証明郵便作成費用4万円+
    司法書士報酬8万円の計12万円でした。
  ※ 相談の依頼があったのが2月下旬で、解決したのが7月上旬ですから4ケ月半掛
    かっています。 本人が交渉すると非常に不利な条件を提示されることがあります。
    決してそれに乗ってはいけません。 埒が明かないと思ったら司法書士に交渉だ
    けを依頼して粘りに粘りましょう。  本件は最後は相手も根負けして折れて来る
    といういい例です。
  ※ 本件では、ご本人の希望が裁判所外での一括清算でしたが、もし一括清算が
    無理という場合には特定調停を申立ればよいわけです。 
     

     

                 行政書士 田中  明事務所