24時間対応型インターネット行政書士田中明事務所  電話無料相談 046-843-6976   全国365日 朝5:00~18:00 
 消費者を支援するサイ)はこちらです
内容証明郵便でブレイク!  (当事務所のトップサイト) 

                 高齢者の財産はこうして守れ!


  緑茶を飲めば認知症予防、血圧調整の効果があります

 
緑茶には認知症予防や血圧調整の効果があります。
緑茶に含まれる茶カテキンの一種エピガロカテキン-3-ガレートには、単に体内の有害物質を
取り除くだけでなく、神経細胞を保護・修復する働きがあるからです。  
 疫学研究でも、緑茶の摂取頻度が多いグループほど認知障害のある割合が低い結果が
出ています。

 また、最近の国立がんセンターなどの調査でも、緑茶をよく飲む人は、ほとんど飲まない人
に比べて心臓や脳血管の病気で死亡する危険性が1~4割程度低かったという結果が出て
います。

 茶カテキンの摂りかたとしては、高級な茶葉である必要はなく、一般的な煎茶や番茶で
構いません。  毎日飲む習慣を付け、お湯の温度は高めにします。



                ご相談のメールは  



                    行政書士田中 明事務所