24時間対応型インターネット行政書士田中明事務所  電話無料相談 046-843-6976   全国365日 朝5:00~18:00 
   消費者を支援するサイ)はこちらです
内容証明郵便でブレイク! (当事務所のトップサイト)           

                 高齢者の財産はこうして守れ!

  高齢者の転倒と薬の副作用

 
高齢者(70歳以上)の約35%の人は、年に1回以上の転倒を経験していると云います。
この転倒は、薬の副作用が原因であることがあります。

  睡眠薬、くしゃみや鼻水を抑える抗ヒスタミン剤などは、眠気、脱力、ふらつきなどの副作用を
起こします。

  向精神病薬は全身のだるさ、足腰の筋力の低下という副作用があり、常用していたうつ病の
高齢者が腰を抜かしたような状態でバターンと倒れることもあります。

  向精神病薬には鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用があり、それが動作を緩慢にしたり、
筋力を低下させる結果、転倒を引起すのです。   向精神病薬のその他の副作用としては、
うつ、せん妄、認知症、パーキンソン病様症状、起立性低血圧、失禁などがあります。

  薬の副作用は、加齢現象と区別する意味で老年症候群と云います。  そして、この老年
症候群を起こす代表的な薬が向精神病薬なのです。

  高齢者は複数の科を受診していることが多く、薬の相互作用により副作用が出易いのです。





                ご相談のメールは  



                    行政書士田中 明事務所