トップ >    <相続手続きを支援するサイト >     さらっと遺産相続トップ   サイトマップ
   行政書士田中明事務所  電話無料相談 046-843-6976  全国365日 朝5:00〜18:00

               さらっと遺産相続 〜 遺産分割協議・遺言執行
     
  遺産分割協議、遺言執行、相続人、相続放棄、遺言書、預金口座解約、遺留分、除籍謄本、不在者



 遺産相続手続きを行政書士に依頼して掛かった費用は
 相続財産から控除していいの?

  
  民法885条
「相続財産に関する費用は、相続財産から支弁される」とあります。   

遺産相続手続きに関する行政書士の報酬も相続財産に関する費用ですから相続財産から控除できます。 

  つまり、法定相続分や実際に取得した遺産の額に関係なく、相続人の均等な負担となるということです。
                             


  なお、
民法と相続税法では考え方が違います。

  民法885条の規定による相続財産より負担する債務は、相続財産から控除できないとされています(相続税
基本通達13-2)。

  もっと具体的に言いますと、被相続人の債務や葬儀費用は控除出来ますが、
遺言執行者の報酬(弁護士
費用等)などの遺言執行費用は控除出来ません。


  つまり、相続税は遺言執行費用を控除しない相続財産に対し課税されるのです。


          

         相続手続きのことがよく分らない方は当事務所までご相談下さい。

                 ご相談のメールは   



<キーワードからの検索>
銀行口座解約  
遺品の整理・遺言書が優先  遺言書を作る理由  遺言執行者  遺留分減殺請求
相続人になれる人・法定相続分  
相続放棄  基礎控除額  生命保険金  不動産の評価
葬儀費用・香典 祭祀財産・祭祀承継者 相続登記・遺贈登記  在留証明書・サイン証明書
不在者財産管理人選任  相続税 




               
 行政書士 田中  明事務所

                 
 さらっと遺産相続 トップページ