META name="description" content="        ">
  トップ >    相続手続きを支援する サイト >      さらっと遺産相続トップ   サイトマップ
   行政書士田中明事務所  電話無料相談 046-843-6976  全国365日 朝5:00〜18:00

               さらっと遺産相続 〜 遺産分割協議・遺言執行
 
       遺産分割協議、遺言執行、相続人、相続放棄、遺言書、預金口座解約、遺留分、除籍謄本、不在者  
                    

墓や仏壇は誰が承継するの?
祭祀費用は誰がが負担するの?

  
墓及びその敷地、仏壇及びその付属品、系譜、位牌、仏像、神棚などを祭祀財産と云います。

民法第897条では、「系譜・祭具及び墳墓の所有権は相続人が相続するものでなく、慣習に従って先祖の
祭祀を主宰すべき者がこれを承継する」と規定しております。

  つまり、
祭祀財産は相続財産に含まれないのです。

 
 祭祀財産を承継する人を
祭祀承継者と云いますが、通常は以下の手順で決められます。

 イ 被相続人が生前又は遺言書で指定する。

 ロ 被相続人の指定がない場合は、地方の慣習によって決める。

 ハ 相続人の指定がなく、地方の慣習も明らかでない場合、家庭裁判所に申立して決めて貰う。

 

  次に、民法では、先祖の祭祀費用の負担に関する規定がありませんし、
祭祀承継者に祭祀を営む法律上の義務も規定していません。

   
また、祭祀承継者が祭祀財産を贈与したり売却するのも自由なのです。

  祭祀費用はにかなりの金額になることも事実なのですから、被相続人が祭祀承継者の指定と併せ
て、祭祀費用Iに相当する財産を贈与するか、又は遺族の身分相応の負担とすることが妥当と考えます。

I

       ★  相続手続きのことがよく分らない方は、当事務所までご相談下さい。

                ご相談のメールは   





                
 行政書士 田中  明事務所

                 
 さらっと遺産相続 トップページ
                          


墓や仏壇は誰が承継するの?、祭祀費用は誰がが負担するの? 〜祭祀財産、祭祀承継者、地方の慣習、墓碑、系譜、神棚